温泉

人気の宿泊プランはこちら!

ご宿泊プラン検索

ご希望の宿泊プランをお選び頂けます。
日付を指定し、検索ボタンを押して下さい。 ご宿泊は宿泊直前までお受け致します。

すべてのプランを見る
お部屋から選ぶ

  • ベストプライス保証
  • おもてなし
  • 悠久の歴史
  • 宿泊約款
  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 松庵
  • ご予約方法
  • 伝承千年の宿佐勘スマートフォンサイト

温泉・大浴場

温泉・大浴場

温泉ページに、各浴場の【動画】を掲載致しました。どうぞ各浴場のご案内をご覧くださいませ。

ヘッダー

秋保温泉は、大和物語や拾遺集に名取の御湯(なとりのみゆ)とうたわれた、日本三御湯のひとつです。 起源は今から1500年ほど前まで遠くさかのぼります。
時の帝、第29代・欽明天皇が疱瘡(天然痘)をわずらわれた折、治癒を祈祷したところ、奥羽秋保の温泉湯浴みすればよいと告げられました。 さっそく、使者に秋保の湯を都まで運ばせ、湯浴みしてみると、数日もしないうちに病気がなおられたということです。
この時、喜んだ帝が詠ったのが、 「おぼつかな 雲の上まで見てしかな とりのみゆかば あとかたもなし」 以来、秋保温泉は「名取の御湯」と呼ばれるようになり、奥州最古の開湯場として知られております。

  • 男性専用大浴場 殿の湯(花月館1階)
  • 女性専用大浴場 姫の湯(花月館地下1階)
  • 名取の御湯
  • 河原の湯
  • 貸切風呂(バリアフリー)

泉質

名取川のせせらぎを眼下に望み、眺望豊かなお風呂の数々・・・
佐勘は元湯の宿。徳川時代には、仙台藩主伊達政宗公の「湯浴み御殿」として栄えたゆかりの湯でございます。
泉質は、良質の弱塩泉、あたたまりの湯といわれております。

泉温 55.2℃
泉質(成分) ナトリウム塩化物泉-低張性弱アルカリ性高温泉
効能 神経痛リュウマチ/胃腸/外傷骨折火傷/婦人病/病後回復ストレス解消/皮膚病

ページトップへ